« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

安全点検

単管足場の安全点検


1、作業床は巾40cm以上、すき間3cm以下で

  固定する


2、手すりは全面に入れる


3、妻側に手すりを設置する


4、足場の巾は1.5m以下とする


5、足場の1段目の高さは2m以下とする


6、最大積載荷重の表示をする


7、根がらみを確実に取り付ける


8、建地の間隔は、1.85m以下とする


9、足場板にベースを釘等で固定する


10、筋かいは足場の全面に入れる


11、ベース下の敷角、足場板等を敷き、

   足場の沈下防止をする







|

安全点検

作業床の安全点検


1、許容積載荷重を定める


2、飛来落下が予想される場合、巾木の設置を


3、巾は40cm以上、すき間は3cm以下に


4、足場板の重ねは支点の中央部で

  巾20cm以上


5、高さ90cm以上の丈夫な手すりを設置


6、足場板の突出しは10cm以上

  足場板の長さの1/18以下


7、足場板は3点以上の支持物にかけ渡し、

  固定する





|

安全点検

鉄骨組立作業の安全点検


1、鉄骨柱昇降時タテ親綱ロリップ、安全

  ブロック等を使用


2、梁上に不要な残材、資材等は置かない


3、梁組立時の取付設備に安全帯を使用


4、梁組立時錯ロープを使用していますか


5、梁上移動は水平親綱を張り、 

  安全帯を取り付けて移動


6、既成の桟橋を使用する場合、メーカーの

  カタログ等を確認し、注意事項を守る


7、工具、ボルト等の落下防止措置を





|

環境考古学

安田 喜憲(やすだ よしのり)

気候変動と人類の生活・歴史の関係を

科学的に解明する「環境考古学」の確立者


今世紀中の年平均気温が最大5.8度も上昇

すると、現代文明ははかりしれない被害を被り

多くの文明が絶滅の危険性にさらされることにな

るだろう。

しかし、こうした地球大変動の嵐に直面する前に、

人類は殺し合いの危機に遭遇。

それは、環境難民の出現によって引き起こされる。

地球の資源の枯渇、とりわけ水資源の枯渇によって

大量の環境難民が発生する可能性がきわめて高い。


危機を回避する道はどこにあるのか?


著書を読まれることをお勧めします。





|

ボトムアップ

この頃の企業をめぐる事件をみるとつくづく

日本的だと思います。

評論家の人たちが言っていることは、どれも

正論で正しいのですが、外部から見て論じて

企業の中で働く人の考えが、解っていないと

思います。

企業の中で働く人たちは、自分たちが

していることでどのような結末になるか解って

いるのです。

これは、日本が村社会で培った習慣です。

一朝一夕には、なかなか変わりません。

トップダウンの経験はあるのですが、

ボトムアップの経験は、ないのです。

これは、今までの社会の流れでもよく解ります。

お上に物申す習慣は、なっかたのです。

企業を変えるには、組織から考え直さないと

変わりません。

そして、時間がかかります。

企業の中に一石を投じるだけでは、変わりません。

地道な努力と人を巻き込む力がいります。

しかし、決して悲観的になっている訳では

ありません。

組織の中で働く人は、どの人も真面目です。

悪い人はおりません。

自分たちの中から変えていこうという気持ちに

火をつけてやることが大切だと思います。

















|

音楽

Photo_12










いつも音楽を聴きながら


仕事しています。







 

|

安全点検

スレート屋根作業の安全点検


1、屋根へ材料を置く場合、足場板等を敷きつめ

  材料置き場の措置をしているか


2、巾30cm以上の作業床(通路)を設けて

  いるか


3、屋根への昇降設備はあるか


4、屋根面で作業する場合、安全帯を

  使用しているか


5、踏み抜きによる危険防止に防網を

  張っているか


6、やむを得ず屋根端部で材料を上げ下げする

  場合、安全帯を使用しているか





|

土木施行管理技士試験

土木施行管理技士試験の合格発表がありました。

労働安全コンサルタント試験受験者の半数以上が

1級土木施行管理技士資格で受験します。

私も、同資格で受験しました。

記述式試験が免除になります。

合格者の皆様、

次は、

労働安全コンサルタントを目指しましょう。


合格 おめでとうございます。













|

安全点検

開口部周辺作業の安全点検


1、開口部周りの照明は明るくなっているか


2、飛来落下防止用の養生ネットは、よいか


3、90cm以上の手すりの設置


4、物の落下防止用巾木の設置


5、開口部表示はよいか


6、開口部周辺に材料が積まれていないか


7、手すりの上に材料を載せていないか





|

安全点検

開口部の安全点検


1、残材のベニヤ等でなく専用のフタを使用

  しているか


2、床開口部のフタに開口部表示はあるか


3、つまづきのないようにしているか


4、フタがずれないようにしているか


5、手すりはしっかり固定されているか


6、堅固な材料でフタをしているか





|

安全点検

安全通路の安全点検


1、適格な照明を確保しているか


2、安全通路の標示はあるか


3、通路面から高さ1.8m以内に

  障害物はないか


4、開口部、差筋は完全に養生しているか


5、用途に応じた巾を確保しているか


6、残材、資材は片付けてあるか


7、つまづき、すべりのないように

  しているか





|

安全点検

登り桟橋の安全点検


1、手すり(H=90cm程度)はよいか


2、床材と床材及び踊場と床材の継目は

  段差がついていないか


3、床材の巾は40cm以上、かつすき間3cm

  以下となっているか


4、高さ7m以内ごとに踊場


5、安全通路の表示はあるか





|

安全点検

安全ネットの安全点検


1、ネットにすき間はないか


2、吊綱の固定、強度はよいか


3、破損したものを使用していないか


4、人体または人体相当の落下体により

  衝撃を受けたネットを使用していないか


5、ネット1枚ごとに品質表示はついているか


6、ネットの辺長が3mをこえる場合

  3m以内の間隔で吊綱が取付けてあるか


7、ネットの下部が障害物に接していないか





|

試験準備

Photo_11









口述試験準備は、進んでいますか?

この試験を受けた動機は、?

労働安全の経験は?


自分の思いをまとめて発表できるように

訓練しておくとよいと思います。


他にも、色々聞かれても自分の考えが


言えるように、シュミレーションを確実に。


労働安全コンサルタントに対する「熱い思い」が


試験官に伝わるように!!


きっと大きな花が咲きますよ。









|

コーヒータイム

Photo_10







    暖かい、コーヒーを


    どうぞ!!!











|

安全点検

安全帯


1、安全帯を、使用する状態で体重をかけ

  各部に異常がないか点検


2、フックをかける位置は腰よりも上に

  なっているか


3、ベルトは腰骨の少し上にしっかり

  装着しているか


4、安全帯取付設備は、墜落時の衝撃に

  しっかり耐えられる堅固なものか


5、バックルは正しく使用し、ベルトの端は

  ベルト通しに確実に通しているか


6、材料などの鋭角部にロープが直接当たら

  ないようにしているか





|

休息

Photo_9




今日は、朝から風邪気味で


暖まってから、出発します。





|

安全点検

安全帯


1、安全帯の使用場所

 ○高さが2m以上で墜落の危険がある

   作業場所

 ○抱き足場やブラッケット足場で手すりの

   ない場所

 ○足場と躯体間が30cm以上離れている

  場所で水平養生がない場合など





|

安全点検

安全点検の手引き


墜落災害防止

1、作業方法

  高所作業(高さ2m以上)を少なくする

  方法がとれないか


2、人員配置

  高所作業者の適性配置をしているか


3、高所作業

  ○足場等による作業床の設置

  ○安全ネットの設置、

   安全帯の使用

  ○囲い、手すりの設置

  ○親綱、安全帯の取付設備の点検





  

|

メンタルヘルスケア

職場におけるメンタルヘルスケア対策


近年、過労死や労災の認定申請件数も増加し

ており、心の健康づくりは重要な課題の1つです。


メンタルヘルスケアを進める際の留意点

①心の健康問題についての誤解・偏見をなくす

  姿勢

②労働者のプライバシーの保護、

  労働者の意思の尊重に配慮

③職場配置等の人事労務管理との連携

④家庭・個人生活の職場以外の問題


メンタルヘルスケアの進め方

①継続的かつ計画的なケア対策を

 心の健康づくり計画を策定することが

 必要です。

②各レベルに応じた対応を

(1)セルフケア

   労働者自身による対処

(2)ラインによるケア

  管理監督者による対処

(3)産業保健スタッフによるケア

  産業医、衛生管理者等による対処

(4)事業場外資源によるケア

  地域産業保健センターなどの活用





|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »