« 労働災害と企業責任 | トップページ | 変わる »

OSHMS

OSHMS

構築のポイント

1、文書化

2、経営トップの方針の表明

3、リスクアセスメント

4、パフォーマンス実行の評価

5、監査


<効果>

1、法遵守から技術進歩対応へ

  自主的に危険を除去するシステムを

  確率できる


2、継続的な安全管理の推進

  安全技術をマニュアル化、文書化


3、施策の透明性と社会的信頼性の

  向上が図れる





|

« 労働災害と企業責任 | トップページ | 変わる »

労働安全の知識」カテゴリの記事