« 試験発表 | トップページ | CSR »

危険が安全?

場当たりな安全対策


丸のこの安全対策に安全カバーを取り付ける

一見正解であると思われる。

しかし、かえって災害が起きやすくなる恐れが

あります。

丸のこの使用を終えて、電源を切る。しかし、

惰性でしばらく回っている。

回っているのか、止まっているのかカバー越しには

見えずらい、つい安全カバーを開けてしまう。

ところが丸のこは、まだ回っていた。


似たような経験はありませんか?

本質安全にはなっていないのに、一見安全に

見えてしまう。

 安全カバーがないほうが、刃がむき出しで

怖いので用心して、近づこうとしない。

だから、カバーを付けて安全対策をするより

むしろ安全という結果になりかねない。


比較的簡単な対処療法に終わると、解決された

ように安心してしまいますが、危険の本質は、

残されたままになっていませんか。

労働災害を防ぐのにリスクアセスメントは基本

です。

安全システムの確立が必要です。





|

« 試験発表 | トップページ | CSR »

労働安全の知識」カテゴリの記事