« リスクアセスメント | トップページ | 足場先行工法に関するガイドライン »

足場先行工法に関するガイドライン

ガイドラインの主な改正事項

(平成18年2月改正)

①足場の組上げ方法において、建築物の

 全周にわたり足場を組上げることが困難な

 ことから、必要最小限、足場の一部を開放

 する場合、当該部分からの墜落を防止する

 ため、階ごとの建方作業が終了した後、順次

 速やかに当該部分の足場を設けるよう、

 変更された。


②無理な作業姿勢による危険を防止するため、

 工程の進展に伴い、必要に応じ、作業床の

 高さを変更することが追加された。


③悪天候又は足場の組立若しくは一部変更

 の後に、足場に異常がないか点検を実施し

 異常を認めたときは速やかに補修すること

 が追加された。

|

« リスクアセスメント | トップページ | 足場先行工法に関するガイドライン »

労働安全衛生法」カテゴリの記事