« リスクアセスメント | トップページ | 足場先行工法に関するガイドライン »

リスクアセスメント

相対的にリスクが小さい場合

1、ハザードを探し出す

  重大な危害や複数の人間に影響を及ぼす

  ハザードを職場を歩き回って新鮮な目で探す


2、誰がどのようにして危害を受けるかを判断

  する


3、ハザードから生じるリスクを評価し、十分な

  安全対策がすでに採られているか、あるい

  は危害を防ぐために新たな安全対策をとら

  なければならないかを判断


4、認定事実を記録する


5、リスクアセスメントの方法を適時見直し

  必要に応じて修正を加える


リスクの評価は、

 危険が少なく、複雑な危険も少ないので

 常識で判断してもかまいません。

|

« リスクアセスメント | トップページ | 足場先行工法に関するガイドライン »

労働安全衛生マネジメントシステム」カテゴリの記事