« 足場先行工法に関するガイドライン | トップページ | 食品包装機械 »

食品包装機械の労働災害防止対策ガイドライン

食品包装機械の構造上の基準


1、安全ガード等の安全装置がされていること


2、非常停止装置が付いていること


3、操作装置は誤操作等の少ないものであること


4、回転部分のキー等の突起物には覆いが

  設けられていること


5、高温となる部分には断熱構造の安全ガード

  が設けられていること


6、機械の種類別、機械の部分別には、

  次のようになっていること


  ○コンベヤー

   労働者が巻き込まれる、包装対象商品が

   落下のおそれがあるものは安全ガードを

   設ける等の措置がされていること


  ○切断を行う部分

   カッター等の刃部には、安全ガードを

   設けるなどの対策が講じられていること


  ○加熱・溶着等を行う部分

   高温部分は、安全ガードを設けるなど

   接触するおそれがない構造となって

   いること

|

« 足場先行工法に関するガイドライン | トップページ | 食品包装機械 »

労働安全の知識」カテゴリの記事