« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 »

労働安全コンサルタント試験

安全関係法令試験問題解説

問 14 計画届、報告書等に関する次の記述

     のうち、労働安全衛生法令上、誤って

     いるものはどれか。


(1) 則第89条の2、則第92条の2


(2) 則第97条(労働者死傷病報告)

  事業者は、労働者が労働災害その他

  就業中又は事業場内若しくはその付属

  建設物内にて負傷、窒息又は急性中毒

  により死亡又は休業した時は、遅滞なく、

  休業4日未満のときは、四半期ごとに

  報告書を所轄労働基準監督署長に

  提出しなければなりません。

 具体的には、1~3月まで、4~6月まで、

 7~9月まで、10~12月までの期間に

 おける当該事実について、それぞれの

 期間における最後の月の翌月末日までに

 提出します。

 1年分をまとめて提出することはありません。


(3)今年の改正部分からの問題です。

  計画の届出の免除

  第28条の2第1項に規定する措置その他

  の厚生労働省で定める措置を講じている

  ものとして、労働基準監督署長が認定した

  事業者については第88条1項及び第2項

  に基づく計画の届出の義務が免除される

  こととした。

  本問題のずい道の建設工事は、第88条

  4項になり、免除の対象となりません。

   よって、この問題は正しい。


(4) 法第88条、則第87条


(5) 則96条


|

« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/4030201

この記事へのトラックバック一覧です: 労働安全コンサルタント試験:

« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 »