« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 »

労働安全コンサルタント試験

安全関係法令試験問題解説

問 13 労働者の就業に関する次の

     記述のうち、労働安全衛生法令上

     誤っているものはどれか。


(1) 法第59条、則第35条


(2) 則第36条


(3) 令19条

 職長教育を行わなければならない業種は、

 ①建設業

 ②製造業ただし、次に掲げるものを除く

 1、食料品・たばこ製造業(化学調味料

    製造業、動植物油脂製造業を除く)

 2、繊維工業(紡績業、染色整理業を除く)

 3、衣服その他の繊維製品製造業

 4、紙加工品製造業(セロファン製造業

    を除く)

 5、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業

③電気業

④ガス業

⑤自動車整備業

⑥機械修理業

 問題文の業種は、除かれています。


(4) 法第17条


(5) 則40条


この問題は、条文の詳細がわからなくても

常識で判断できる問題ではなかったでしょうか。

|

« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/4027370

この記事へのトラックバック一覧です: 労働安全コンサルタント試験:

« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 »