« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全衛生コンサルタント試験 »

労働安全コンサルタント試験

安全関係法令試験問題解説

問 10

クレーン等の運転資格に関する次の記述のうち、

労働安全衛生法令上、誤っているのはどれか。


(1)

 重量物の運搬には、クレーンや移動式クレーン

 が使用されますが、それに関わる作業として、

 玉掛作業が多く行われています。

 玉掛けとは、クレーンなどに鉄材などの荷を

 吊らせる際に、ワイヤー、ロープ、チェーンな

 どを荷に掛け、確認し、荷を確実に運べるよ

 うにクレーン運転手に対し、笛と手で合図を

 送るという作業です。


 クレーン運転士などの資格のみでは、吊り

 上げの際の荷掛け、荷はずしができません。

 別に、玉掛の資格が必要です。


ちなみに、つり上げ荷重が1t未満の玉掛作業は

特別教育の修了者。


1t以上の玉掛作業の場合には、 

 玉掛け技能講習修了者。


(2)(3)(4)(5)は、省略します。

|

« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全衛生コンサルタント試験 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/4006946

この記事へのトラックバック一覧です: 労働安全コンサルタント試験:

« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全衛生コンサルタント試験 »