« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 »

労働安全コンサルタント試験

安全関係法令試験問題解説

 問 9 ボイラーによる危険の防止に関する

     次の記述のうち、労働安全衛生法令

     上、誤っているのはどれか。


(1)ボイラ及び圧力容器安全規則

  則第45条


(2) 則第24条

 単なる作業者となるためには、特級や1級は

 必ずしも必要でなく、2級ボイラー技師免許で

 すべてのボイラーを取り扱うことが認められて

 います。


 ただし、作業主任者を選任する場合は、

 次の基準によります。

(断熱面積の合計)        (作業主任者)

 500㎡以上     →  特級ボイラー技師      

 25~500㎡未満  → 特級、1級ボイラー

                       技師

 25㎡未満      →  特級、1級、2級

                 ボイラー技師

ただし、法改正がありまして、

自動制御装置を設置した場合には、断熱面積に

算入しないことになりました。


(3) 則第29条


(4)

 使用検査は、

 輸入した時、構造検査、使用検査を受けた後

 1年以上(機械によっては2年以上)経過した

 ものを設置する時、又は使用を廃止したものを

 再び設置、使用する時に行うもの。

使用再開検査は、

 検査証の有効期間を超えて使用を休止してい

 るものを、再び使用する時に行うもの。


そこで、問題文にある使用検査は、

 使用再開検査。


(5) 則 第32条

|

« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/4006812

この記事へのトラックバック一覧です: 労働安全コンサルタント試験:

« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 »