« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全衛生基本調査 »

「労働安全衛生基本調査」

17年の「労働安全衛生基本調査」結果


何らかの安全衛生活動を実施する事業所は、

8割(82.4%)に上った。

具体的な活動内容(複数回答)をみると、

4S(整理・整頓・清潔・清掃)活動が76.5%

安全パトロール    52.7%

喫煙室の設置     43.1%

交通安全防止対策  40.2%

などと続いています。


労働安全衛生マネジメントシステムを導入する

事業場は、        7.3%

導入予定あり       2.0%

導入について検討中  25.0%


また、導入している事業所の86.7%が

導入前と比べて「労働災害やヒヤリ・ハットが

減少している」と答えています。

|

« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全衛生基本調査 »

労働衛生の知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/4207821

この記事へのトラックバック一覧です: 「労働安全衛生基本調査」:

« 労働安全コンサルタント試験 | トップページ | 労働安全衛生基本調査 »