« 化学物質リスクアセスメント | トップページ | 労働安全衛生マネジメントシステム »

労働安全衛生マネジメントシステム

労働安全マネジメントシステム(OSHMS)

導入のポイント

これまでの安全衛生管理との相違点


 これまでの一般的な安全衛生管理は、法令に

違反しないように措置を講ずることに主眼が置か

れがちでした。しかし、工程の多様化に伴って、

法令上の規制のない危険有害要因も増加して

います。

 また、KY活動、ヒヤリハット、職場巡視などの

日常的な安全衛生活動が行われていても、そ

結果を集約し、事業場全体の改善の優先順

付けをした上で計画的に改善措置を講じる

という仕組みになっていないために、部署によ

って対策濃淡が生じたり、改善状況の評価

(フォローアップ)が十分になされていないため

に、必要な対策抜け落ちができるという危険

性もありました。


 OSHMSは、「事業者が労働者の協力の下に

一連の過程を定めて、継続的に行う自主的な安全

衛生活動を促進し、事業場の安全衛生水準の向

上」を目的としており、このために、事業場に存在

する危険性・有害性の調査結果をもとに「計画を

立て」

Plan→「計画の実施」Do→「計画の実施結果を

評価し」Check→「評価を踏まえて見直し、改善

する」Actという一連のサイクルを繰り返し実施す

ることが必要です。


 また、これらの活動を支える基本要素として体制

整備、労働者の意見の反映、明文化、記録など

実施しなければなりません。

|

« 化学物質リスクアセスメント | トップページ | 労働安全衛生マネジメントシステム »

労働安全衛生法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/3569341

この記事へのトラックバック一覧です: 労働安全衛生マネジメントシステム:

« 化学物質リスクアセスメント | トップページ | 労働安全衛生マネジメントシステム »