« 労働安全衛生マネジメントシステム | トップページ | 労働安全衛生マネジメントシステム »

労働安全衛生マネジメントシステム

PDCAサイクルを回す上でのポイント

①OSHMSによる効果は、一朝一夕に現れるもの

ではなく、PDCAサイクルを繰り返す中で徐々に

職場の安全衛生水準が向上していくものです。

 このため、事業場のトップは自らの安全衛生に

関する基本的考え方を「安全衛生方針」として

表明し、安全衛生に対する姿勢を明確にした上

で、性急に結果のみを求めるのではなく、PDCA

サイクルの要所要所で関わりながら障害となる事

項を取り除いていくことが、システムを円滑に動か

すために必要です。


②OSHMSの要となるリスクアセスメントを確実に

進めていくことが大切です。


③安全衛生計画を確実に実行するには、それぞ

れの担当者を定めて責任と権限を明確にすると

ともに、実施結果をフォローする仕組みが必要

です。


④システムが問題なく回っているかどうかを定期

的に監査する必要があります。

 そのためには、事業場のトップがシステム監査

役の役割を関係者に明示するなど、監査者が活動

しやすい環境を整えることが大切です。

 

|

« 労働安全衛生マネジメントシステム | トップページ | 労働安全衛生マネジメントシステム »

労働安全衛生法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/3590991

この記事へのトラックバック一覧です: 労働安全衛生マネジメントシステム:

» アルコールチェッカー販売 [アルコールチェッカー]
アルコールチェッカー販売。飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!飲酒運転撲滅キャンペーン実施中!飲酒運転の事故が多発しているためアルコールチェッカーを特別価格にて販売いたします。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 3日 (火) 11時38分

« 労働安全衛生マネジメントシステム | トップページ | 労働安全衛生マネジメントシステム »