« リスクアセスメントに関する指針 | トップページ | リスクアセスメントに関する指針 »

リスクアセスメントに関する指針

情報の入手

1、事業者は、調査等の実施に当たり、次に掲げ

  る資料等を入手し、その情報を活用するもの

  とする。

  入手に当たっては、現場の実態を踏まえ、

  定常的な作業に係る資料のみならず、非定常

  作業に係る資料等も含めるものとする。


 ア 作業標準、作業手順書等

 イ 仕様書、MSDS等、使用する機械設備、

   材料に係る情報

 ウ 機械設備等のレイアウト等、作業の周辺

   の環境に関する情報

 エ 作業環境測定結果

 オ 混在作業による危険性等、複数の事業者

   が同一の場所で作業を実施する状況に関

   する情報

 カ 災害事例、災害統計等

 キ その他、調査の実施に当たり参考となる

   資料等

<告知>
申し訳ありませんが、時間がなかなかとれなくて

試験問題の解説が始められません

もうしばらくお待ちください。

|

« リスクアセスメントに関する指針 | トップページ | リスクアセスメントに関する指針 »

労働安全衛生法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/3906830

この記事へのトラックバック一覧です: リスクアセスメントに関する指針:

« リスクアセスメントに関する指針 | トップページ | リスクアセスメントに関する指針 »