« リスクアセスメント | トップページ | リスクアセスメント »

リスクアセスメント

リスク低減措置の検討及び実施

 次に掲げる優先順位でリスク低減措置の内容を

検討の上、実施します。

①設計や計画の段階における措置

  危険な作業の廃止・変更、危険性や有害性の

  より低い材料への代替、より安全な施工方法

  への変更等

②工学的対策

  ガード、インターロック、安全装置、局所排気

  装置の設置等

③管理的対策

  マニュアルの整備、立入り禁止措置、ばく露

  管理、教育訓練等

④個人用保護具の使用

  ①~③までの措置を講じた場合でも除去・

  低減しきれなかったリスクに対して実施するも

  のに限られます。

 リスク低減措置の実施にあたって、リスク低減

要する費用が、リスク低減による労働災害防止

効果よりも著しく大きく、リスク低減措置の実施を

求めることが著しく合理性を欠く場合を除き、

可能な限り高い優先順位の低減措置を実施する

必要があります。

 死亡、後遺障害、重篤な疾病をもたらすおそれ

のあるリスクに対して、適切なリスク低減に時間を

要する場合は、暫定的な措置を直ちに講じなけれ

ばなりません。

 

|

« リスクアセスメント | トップページ | リスクアセスメント »

労働安全衛生法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/3413553

この記事へのトラックバック一覧です: リスクアセスメント:

« リスクアセスメント | トップページ | リスクアセスメント »