« リスクアセスメント | トップページ | 百姓ライフのすすめ »

リスクアセスメント

対象の選定と情報の入手

  リスクアセスメントの対象とするものは、

「過去に労働災害が発生した作業」「ヒヤリ

ハット事例があった作業」「労働者が日常不安

を感じている作業」など、負傷や疾病の発生が

予見可能であるものとします。

 平坦な通路における歩行等、明らかに軽微な

負傷、疾病しかもたらさないものは除外しても

差し支えありません。

 また、リスクアセスメントを実施する場合、

作業標準、機械設備等の仕様書、化学物質

安全データーシート(MSDS)等の情報を事前

に入手する必要があります。これらの情報の

うち自ら収集することができないものについて

は、機械設備等のメーカー等から入手する

ことも必要です。

|

« リスクアセスメント | トップページ | 百姓ライフのすすめ »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/3341242

この記事へのトラックバック一覧です: リスクアセスメント:

« リスクアセスメント | トップページ | 百姓ライフのすすめ »