« リスクアセスメント | トップページ | リスクアセスメント »

リスクアセスメント

実施体制、実施時期

 リスクアセスメントは、事業場のトップを

はじめ、安全・衛生管理者、職長等がそれぞれ

の役割に従い、また、安全衛生委員会等の

活用などを通じ労働者を参画させるなど、全社

的な実施体制のもとで推進しなければなりませ

ん。

 リスクアセスメントを実施する時期は、「建設物

を設置し、移転し、変更し、又は解体するとき」

「設備、原材料を新規に採用し、又は変更する

時」「作業方法又は作業手順を新規に採用し、

又は変更するとき」のほかに、リスクに変化が

生じ、又は生ずるおそれがあるときに実施する

必要があります。

 また、労働災害が発生した場合であって、

過去の調査内容に問題があるときや、機械設備

等の経年劣化、労働者の入れ替わり、新たな

安全衛生の知見の集積があった場合もリスク

アセスメントを実施する必要があります。

 さらに、既存の設備等やすでに採用されている

作業方法等については、計画的にリスクアセシメ

ントを実施し、職場にあるリスクを継続的に除去・

低減していくことが大切です。

|

« リスクアセスメント | トップページ | リスクアセスメント »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/3341186

この記事へのトラックバック一覧です: リスクアセスメント:

« リスクアセスメント | トップページ | リスクアセスメント »