« 労働衛生管理の基本 | トップページ | リスクアセスメント »

リスクアセスメント

危険性又は有害性等の調査とその結果に

基づく措置

事業場において建設物、原材料、作業行動等

に起因する危険性又は有害性を特定し、その

程度を見積もり、その結果に基づくリスク低減

措置の内容の検討(以下「リスクアセスメント」)

及び低減措置を実施することは、労働災害

防止に効果的です。

 リスクアセスメントおよびその結果に基づく

措置の実施は、労働安全衛生法の改正に

より、平成18年4月より事業者の努力義務

となりました。

 また、リスクアセスメントの基本的考え方や

実施事項について「危険性又は有害性等の

調査等に関する指針」(「リスクアセスメント

指針」)に、さらに詳細指針として「化学物質等

による危険性又は有害性等の調査等に関する

指針」が示されました。

 なお、機械設備等については平成13年に

示された「機械の包括的な安全基準に関する

指針」によることになります。

|

« 労働衛生管理の基本 | トップページ | リスクアセスメント »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/3340558

この記事へのトラックバック一覧です: リスクアセスメント:

« 労働衛生管理の基本 | トップページ | リスクアセスメント »