« リスクアセスメント | トップページ | リスクアセスメント »

百姓ライフのすすめ

百姓「ひゃくせい」を目指せ

2007年、団塊世代のサラリーマンが大量に

定年退職を迎える。

65歳の年金受給開始年齢までは少し間がある。

再雇用制度もあるが、給与は激減する。年金だ

けでは安心して暮らせない。

しかし、年金をベースに小銭を稼げばいいだけだ。

ここは、「おじさんフリ-ター」になって生きるべきだ。

フリーターは、フリーランス・アルバイターつまり

誰にも雇われない独立自営業者のこと。

サラリーマンは、自分の大事な時間を会社のため

に捧げ、いやな上司にも仕えて、言いたいことも

言えずに我慢するばかり。

 それに比べるとフリーターは、仕事も働き方も

自分で選べる。余裕がある人は、ボランティアも

できる。


 中世には、百姓と呼ばれる人たちがいました。

農民ではありません。文字通り、季節と所に応じ

て、稲作から畑作、現金収入を求めて、ありとあ

らゆる種類の仕事を組み合わせて生計をたてて

いる人。

「商品」を生み出し、交易・交換を前提に生活を

営む多面性を持つ自由な生き方、積極的な生き

をする人のことを言います。


 年金が少ない、介護保険が高い。不満はいろ

いろあるでしょう。しかし、ここは大変な競争社会

を生き抜いた人たちです。ポジティブに考えを変更

して、積極的な生き方を目指しましょう。

 それには、百姓ライフが一番おすすめです。

 

|

« リスクアセスメント | トップページ | リスクアセスメント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/3397353

この記事へのトラックバック一覧です: 百姓ライフのすすめ:

» NEXT チャレンジ! [『団塊の世代』の研究ブログ]
退職金を貰い、 そして引退するか? または退職金を元手に新たにチャレンジするか? 2007年問題を前に、団塊の世代は色々と考えるところがあるでしょう。 選択肢は多いものの、決断するのは当事者である! 引退を決意する人もいれば、 嘱託という選択肢もあり、 そし... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 08時36分

» 損害保険とは [保険ガイド]
○●○損害保険とは○●○損害保険とは・・・【偶発的な事故】【風水害などの自然災害】など偶然のリスクによって起きた損害を補償する保険です。 [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 10時13分

« リスクアセスメント | トップページ | リスクアセスメント »