« 試験によくでる安衛法 | トップページ | ファイト »

本の案内

「失敗学のすすめ」

恥や減点の対象ではなく、肯定的に利用する

ことが、失敗をいかすコツ。

個人の成長も組織の発展も、失敗とのつきあい

方で大きく違う。

さらに新たな創造のヒントになり、大きな事故を

未然に防ぐ方法も示される。

失敗は成功の母」を科学的に実証した本書は、

日本人の失敗に対する考えを大きく変えた!

  畑村 洋太郎    講談社文庫

  なにか新しいことを始めるとき、多くの人は

まず成功例に学ぼうとする。これは当たり前の

ことで、すでに成功している手本を真似れば

それで万事うまくいくような気がするから、そう

するにちがいない。ところが、現実にはその

ようなことはほとんどあり得ない。

成功例を真似ることで一時的にうまくいく

こともあるが、たいていの場合やがて想定外

のことが起こって最後は必ずダメになるのが

オチである。

 成功例に学ぶというのは、一見すると誰の目

にも賢いやり方に思えるはずである。

 それなのになぜうまくいかないのだろうか。

 その理由は簡単である。

 お手本を模倣することでうまくいくと考えて

いる人の多くは、やがてそれ以外の方法に

ついて「見ない」し「考えない」ようになる。

さらには、よりいいやり方を探し求めることまで

やめて「歩かない」ようにもなるが、その一方で

時代は常に変化しているので、あるときの

「いいやり方」がいつの間にか「ダメなやり方」

に変わるということが必ず起こるからである。

        ・・・・・・・・・・・・

 失敗は誰にとっても嫌なものだが、人間の

活動につきもので人が生きている限り避けて

通れない。

 そうであるなら大切なのは失敗しないことで

はなく、失敗に正しく向き合って次に生かす

ことである。

    ・・・・・・・・・・・・・あとがき

ぜひ読んでいただきたい本です。

|

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | ファイト »

書式・様式(フリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2425927

この記事へのトラックバック一覧です: 本の案内:

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | ファイト »