« 安全管理者 | トップページ | 安全管理 »

安全管理

職  長

生産現場では、機械設備、人、物が動いており

また、それが刻々変化していることにより危険

要因も変化しているため、作業全体の状況を

監視・監督する必要があり、その直接の

責任者が職長(監督者)です。

 職長(監督者)は、安衛法で規定されている

事業者が行うべき安全上の各種の措置を

事業者に代わって行う者といえるほどその

役割は大きく、現場における安全確保の鍵

を握っていることから、特定の業種における

新任の職長には、安全教育を行うことを

義務付けています。

職長教育

一 作業設備及び作業場所の保守管理

  に関すること

二 異常時における措置に関すること

三 その他現場監督者として行うべき

   労働災害防止活動に関すること

  

 12時間以上行うように決められています。

  

|

« 安全管理者 | トップページ | 安全管理 »

労働安全衛生法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2480131

この記事へのトラックバック一覧です: 安全管理:

« 安全管理者 | トップページ | 安全管理 »