« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

安全週間

安全週間

安全週間の変遷

○1919年(大正8年)6月15日から21日まで

 7日間東京市(現東京都)と隣接町村で行わ

  れる


○1928年(昭和3年)内務省社会局の主唱で

  全国的な統一した第1回全国安全週間が行わ

  れる


○1947年(昭和22年)労働省が主唱して 

  7月1日より7日間の安全週間が行われる


○1950年(昭和25年)の安全週間から

  準備期間(6月1日より30日まで1ヶ月間)

  本週間(7月1日より7日間)に制度が改め

  られる


「国民安全の日」

1960年(昭和35年)職場に働く作業者の設備

の安全を強化し、作業行動の安全を確保するこ

とを習慣化する気運を高め、家族についても

交通事故、防火、学校安全等社会的な見地から

産業安全ならびに一般安全全般についても

その主旨を徹底するため国民運動として

「国民安全の日」を7月1日に定められた。


|

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

安全用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2199775

この記事へのトラックバック一覧です: 安全週間:

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »