« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

本質安全化

本質安全化

「機械設備の本質的安全化」

災害の原因が機械、設備に求められるものは、

その製造段階において安全化が図られなけれ

ばならない、ユーザーの注文、メーカーにおける

設計はこの点を十分考慮し、行政機関も相互に

連絡を強化してこの点に対する配慮を強める

ものとする。」

   第3次労働災害防止計画


とありますが、現在では、

○本質的な安全設計を行う

○安全機能が機械設備に内蔵され、又は組み

  込まれている

○機械設備の操作や取扱いを誤っても、災害

  につながらないように、フール・プルーフ機能

  を有している

○機械設備やその部品が破損、故障しても

  安全側に作動するように、フェール・セーフ

  機能を有する

  と言われます。



本質安全化は、単に試験だけでなく非常に

重要な考え方だと思います。

人間は決して完全なものではなく、多くのミス

を犯す。そんな人間の行動にミスがあっても

危害が及ばないように、機械設備そのもの

で安全を確保する考え方。

これからも、本質安全化を図っていくことが

求められてくる思います。

|

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

安全用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2049384

この記事へのトラックバック一覧です: 本質安全化:

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »