« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 安全週間 »

ゼロ災運動

ゼロ災運動

ゼロ災害全員参加運動(略称ゼロ災害運動)は、

ゼロ災害、ゼロ疾病を実現するために人間尊重

の理念に基づき、一切の労働災害をゼロにする

ことを究極の目標として、経営者、管理監督者

から一般作業者までそれぞれの立場持場で

安全衛生活動に積極的に参加し、協力して

職場の安全衛生の問題点を前向きに解決

することを基本として安全運動を展開した

ものである。


 この運動は、1973年(昭和48年)以降

中央労働災害防止協会主唱のもとに全国的に、

全産業に広く労働災害防止活動を活発化して

実施されている。

 特に中小規模事業場の促進に重点を置き、

第一線現場における職場小集団活動の具体的

進め方に運動の基本を目標として設定されたもの

である。


ゼロ災運動の3つの重点事項

①トップの経営姿勢を整備する

②ライン化の徹底をはかる

③職場自主活動の活性化を推進する

|

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 安全週間 »

安全用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2200960

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ災運動:

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 安全週間 »