« 石橋 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

試験によくでる安衛法

Se_hr05








地山の掘削作業の安全ポイント

①地山の掘削は、形状、地質、埋設物を事前に

  十分調査し、その結果に基づいて工事の種類

  に応じた施工計画を立てる。

②2m以上の地山の掘削は地山の掘削作業主任者

  を選任し、その直接指揮のもとに作業を行う

③土止め支保工は土止め支保工作業主任者を

  選任し、その直接指揮で作業を行う

④立入禁止の柵、手すり等を設ける

⑤地山の法肩に土砂等の重量物をおかない

⑥点検者は点検を行い、浮石があれば、事前に

 落とす。き裂があれば、すぐ作業主任者等に

  知らせる

⑦すかし掘りをしないで安全な勾配をとる

⑧夜間は十分な照明のもとで作業する

⑨降雨時の法面養生をする

⑩掘削の深さ1,5m以上のときは原則として

 土止め支保工を設ける

|

« 石橋 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

労働安全衛生法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2098766

この記事へのトラックバック一覧です: 試験によくでる安衛法:

« 石橋 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »