« 本質安全化 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

試験によくでる安衛法

型わく支保工

型わく支保工の安全ポイント

①型わく支保工の組立て図を作成し、それに基

 づいて組み立てる

②作業の方法、順序等について、作業計画をつ

  くり、それによって作業を行う

③パイプサポートの天板と大引、脚部は敷板等

  に釘止めなどで固定する

④パイプサポートの曲り、腐食等欠陥のあるもの

  を使わない

高さが3.5mをこえる場合には2m以内ごとに

  水平つなぎを2方向に設け、壁つなぎ又は筋

  かいを入れることにより、水平つなぎの変位

  を防止する

⑥水平つなぎ、筋かい等の緊結には専用の金具

  を用いる

継いで用いる場合は4以上のボルト又は専用の

  金具を用いて継ぐ

⑧型わく支保工の組立解体作業は型わく支保工の

  組立等作業主任者を選任し、その直接指揮で

  作業を行う

パイプサポートを3以上継いで使わない

⑩支柱の沈下防止のため敷板等の措置を十分に

  行う



この安全ポイントは、

労働安全コンサルタント試験にもよくでますが、

土木施工、建築施工管理技士試験にもよく

でます。

|

« 本質安全化 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

労働安全衛生法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2050038

この記事へのトラックバック一覧です: 試験によくでる安衛法:

« 本質安全化 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »