« フェール・セーフ | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

試験によくでる安衛法

Photo



特産品




高所作業車による災害防止の

ポイント

①作業場所の状況及び高所作業車の種類、能力

  等に適応する作業計画を定め、作業指揮者を

  選任し、作業させる

②機械運転は、有資格者が行う

 ・作業床の高さが10m以上

   ;技能講習修了者

 ・作業床の高さが10m未満

   :特別教育修了者

③運転者が運転位置を離れるときは、作業床を

 最低降下位置に置くとともに、原動機を止め、

 ブレーキを確実にかけさせる

④作業床に亀裂、腐食、損傷はないか確認

⑤作業床に作業床に積載荷重以上のものを

  のせない

⑥作業床以外の箇所にのらない

⑦安全装置等が正常に作動するか確認

⑧機体は安定した場所に水平にセットし、軟弱

 地では敷板等で養生する

⑨操作者は正常にブームが作動するか確認

⑩アウトリガを確実に出して作業する

⑪作業は手すりに安全帯のフックをかけて行う

⑫作業半径内は柵等で立入禁止にする

⑬作業指揮者を定め、その者の指揮により

  作業を行う

|

« フェール・セーフ | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

労働安全衛生法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2111621

この記事へのトラックバック一覧です: 試験によくでる安衛法:

« フェール・セーフ | トップページ | 試験によくでる安衛法 »