« 球磨川 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

試験によくでる安衛法

有機溶剤中毒予防のポイント



①有機溶剤作業主任者等の指揮のもとで作業する

②作業者は有機溶剤の危険有害性等の特別教育

 をうける

③作業者は有機溶剤に直接ばく露しないように

  する

④皮膚にふれていけない等材料の性質を確認

  する

⑤風通しが不十分な場所では、送気マスク又は

 有機ガス用防毒マスクを使用する

⑥作業場所の周辺は火気厳禁とする

⑦風通しが不十分な場所では強制換気を行う

⑧空容器は密閉し、屋外の一定の場所に集積

⑨できるだけ有害性の少ない有機溶剤を使う

⑩有機溶剤業務に就く作業者は、有機溶剤等

 健康診断をうける

⑪MSDS(化学物質等安全データーシート)等を

 用いて使用する有機溶剤の危険有害性等の

 確認と周知徹底を行う

|

« 球磨川 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

労働安全衛生法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2198385

この記事へのトラックバック一覧です: 試験によくでる安衛法:

« 球磨川 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »