« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 安全第一 »

試験によくでる安衛法


振動障害の防止のポイント

②金属又は岩石のはつり、かしめ、切断、鋲打ち

 及び削孔の作業は、一日の振動作業は、

 2時間以内とし、作業の種類によって連続作業

 時間と休止時間を決める

③振動作業には防振用手袋、防振用ハンドルカバー

 、耳栓等の保護具を使う

④振動工具は、振動の少ないものを選ぶ

⑤手、腕にかかる力を減らすような振動工具

  のささえかたを工夫する

⑥不自然な姿勢で作業しない

⑦振動工具を使用する作業者は、

  「振動障害健康診断」をうける

⑧作業開始前、終了後に手、腕、肩、腰等

  の運動を主とした体操をする

①作業開始前に振動工具類を点検する

|

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 安全第一 »

労働安全衛生法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2183767

この記事へのトラックバック一覧です: 試験によくでる安衛法:

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 安全第一 »