« 試験によく出る安衛法 | トップページ | フェール・セーフ »

八代城址

_029 _006 _007






八代城址





元和8年(1622年)、加藤正方が築いた。

寛永9年に細川三斉公が入場。

その後、正保3年から明治維新まで松井氏が城主。

現在、内堀と本丸部分だけ残っています。

春は、花見スポットとして、市民に親しまれています。

|

« 試験によく出る安衛法 | トップページ | フェール・セーフ »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八代城址:

« 試験によく出る安衛法 | トップページ | フェール・セーフ »