« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

フール・プルーフ

フール・プルーフ

フール・プルーフ(Fool Proof)とは、

機械設備の操作の順序を間違えたり、異常や故障

があっても危険な状態になるような操作などができな

いようにした安全機構。


(例)

電気洗濯機の脱水機でスイッチを切っても回転が

停止しなければ蓋が開かない機構となっている。

人には勘違い、無意識行動、場面行動等の特性

があり、人の判断に依存する危険防止方策では

不十分であり、機械設備に安全機能を備えること

が必要です。



加工機械に用いる主なフール・プルーフ

○インターロックガード

 機械が作動中は開かず、開いているときは

 機械が起動しない

○両手操作

 両手で同時に操作しないと機械が作動せず

 手を離すと停止または逆転復帰する

○キーロック

 1個または異なる複数個の鍵を用い、すべて

 の鍵が開かないと機械が操作できない

○自動ガード

 ガードの可動部分が開くときに、自動的に

 危険域から身体を押しのける

○レバーロック

 操作レバーを中立位置で自動的にロック

 する



このように、フール・プルーフ機構は、人間の

側に誤操作、誤判断あっても人に危害を及ぼ

さない安全機構で人間中心のシステムです。

|

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »

安全用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/2022881

この記事へのトラックバック一覧です: フール・プルーフ:

« 試験によくでる安衛法 | トップページ | 試験によくでる安衛法 »