« 労働安全コンサルタント試験Ⅲ | トップページ | 九州新幹線八代駅 »

労働安全コンサルト試験Ⅳ

労働安全コンサルタント試験の試験区分

試験は、次の区分ごとに筆記試験及び口述試験により

行われます。

試験区分1~5のうち、いずれか1つの区分を受験できます。

   1:機械

   2:電気

   3:化学

   4:土木

   5:建築

 

筆記試験に専門科目(記述式)があります。

 

例えば、土木安全の試験範囲は

 土質力学、構造力学、工事用機械、足場、型枠支保工

その他の工事用設備、明かり掘削その他の工法、発破、

落盤及び土砂崩壊の防止、計測制御概論です。

ほとんどの受験者は、技術士、第1種電気主任技術者、

1級土木施工管理技士、1級建築施工管理技士で

専門科目の免除を受けています。

試験科目を「産業安全一般」と「産業安全関係法令」に

絞れますから受験には大変有利です。




###########################




○問題

 労働局長は、労働災害を防止するため必要があると認める

ときは、事業者に対し、安全管理者の増員または解任を命ずる

ことができる。

●答え    (×)

◎解説

 命ずることができるのは、所轄労働基準監督署長です。

 増員または解任命令の発動は、昭和25年3月15日

 基発200号にあります。

 ①安全管理者として主要な義務を怠り、かつ

  重大災害を起こした場合

  命令違反により致死災害を再度にわたり発生させた

  場合等

②病気その他の理由により2ヶ月を超えて安全管理者が

  職務を遂行しえなくなった場合

 

|

« 労働安全コンサルタント試験Ⅲ | トップページ | 九州新幹線八代駅 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105553/1906362

この記事へのトラックバック一覧です: 労働安全コンサルト試験Ⅳ:

» 土木用語辞典の紹介 [土木用語辞典]
土木用語を解説しているサイトです。資格試験対策や業務の参考にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 12時53分

« 労働安全コンサルタント試験Ⅲ | トップページ | 九州新幹線八代駅 »